Logo
さけのわ飲んだ日本酒を記録して好みの日本酒を見つける
umum
横浜在住です。

登録日

チェックイン

163

お気に入り銘柄

24

お酒マップ

飲んだことのあるお酒の産地に色がつきます
墨廼江特別純米酒特別純米
墨廼江 チェックイン 1墨廼江 チェックイン 2
外飲み部
40
um
アルコール分:15% 五百万石 精米歩合:60% 香りは穏やか。 味わいはただの辛口ではなく、米の旨みたっぷり。後味はスッキリしているのは変わらず。 本マグロや水ダコの刺身と一緒に飲んだが、相性も良く美味しかった。 やはり宮城の日本酒は魚介系と相性が良い。
二兎純米 萬歳七十 火純米
二兎 チェックイン 1二兎 チェックイン 2
外飲み部
45
um
アルコール分:16% 萬歳米 精米歩合:70% 酒米の萬歳米とは、1915年(大正4年)11月に行われた大正天皇即位の礼の際、献納された米だった。それから月日が経つ中で栽培が途絶えてしまっていたが、愛知県岡崎市の農家が100年ぶりに復活させたとのこと。 この時点でどんな味なのか興味が湧いた。 香りはほのかにマスカット香がする。 味わいは初めにメロンのような甘みと、酸味があり、わずかにガス感もあった。 二兎らしい、甘み辛み、酸味と旨みといったバランスが素晴らしい。飲み進めると味わいも変化するので、それを長く楽しめる、お得なお酒。 やはり二兎は好き。
屋守純米 中取り 直汲み 生酒純米生酒中取り無濾過
屋守 チェックイン 1屋守 チェックイン 2
外飲み部
45
um
アルコール分:16% 八反錦 精米歩合:55% おくのかみの夏酒。 香りはフルーツのような吟醸香。 しっかりとした炭酸でシュワシュワという表現なくらい。 味わいは夏酒にしてはしっかり濃い味で甘みと酸味、炭酸も効いていて美味しい。 飲み始めの頃は思い浮かばなかったが、途中から「あっこれラムネに似ている」と感じるくらい、ジュース感覚で飲める。 これはまた飲みたい。
仙禽モダン仙禽 無垢純米生酛原酒無濾過
仙禽 チェックイン 1仙禽 チェックイン 2
外飲み部
44
um
アルコール分:14% ドメーヌさくら・山田錦 精米歩合:50%(麹米)、60%(掛米) 香りはりんごやメロンのフルーティーさが目立つ。 味わいは仙禽の特徴のジューシーな酸味が強い。どちらかと言うと甘酸っぱい感じ。 豚肉と相性が良いと聞いたので、スペアリブと合わせてみたが、とても合って美味しかった。
鳳凰美田辛口純米瓶燗火入 剱純米
鳳凰美田 チェックイン 1鳳凰美田 チェックイン 2
外飲み部
42
um
アルコール分:16%以上17%未満 原料米:非公開 精米歩合:55% 香りは爽やかだが、スッキリしており印象はない。 味わいはスッキリ華やかで、甘みがスッと消える食中酒。 やはり鳳凰美田は美味しい。
ちえびじん純米酒純米
ちえびじん チェックイン 1ちえびじん チェックイン 2
外飲み部
42
um
アルコール分:15% 山田錦(麹米)、ヒノヒカリ(掛米) 精米歩合:65%(麹米)、70%(掛米) こちらも同じく横浜の47都道府県の日本酒飲み放題のお店にて。 普段飲みする価格帯にあえて抑えている、ちえびじんの代表酒。 香りは華やかなりんごで、舌触りも滑らか。 味わいは優しい甘みと酸味が心地よい。日常的に飲むお酒としては十分すぎるクオリティー。 どんな料理にも合う、オールマイティーなお酒という印象。
赤武純米酒純米
赤武 チェックイン 1赤武 チェックイン 2
外飲み部
43
um
アルコール分:15% 原料米:非公開 精米歩合:60% 同じく横浜の47都道府県の日本酒飲み放題のお店にて。 香りは吟醸作りではないのに吟醸香がする。 純米吟醸のようにフルーティな香りを感じた。 味わいは桃のような甘みかつ、ミネラル感のある苦味もあり、スッキリとキレていく。 やや辛口の味わいもありつつ純米酒ならではの濃厚な旨みもあり、美味しかった。
三芳菊阿波山田錦 特別純米 無濾過生原酒特別純米原酒生酒無濾過
三芳菊 チェックイン 1三芳菊 チェックイン 2
外飲み部
35
um
アルコール分:15% 山田錦 精米歩合:60% 横浜の47都道府県日本酒飲み放題の店にて。 香りは華やかで酸味感のあるスッキリ感。 味わいは甘酸っぱさが目立つ。アルコール感もゼロで美味しかった。
総乃寒菊True White 純米大吟醸/雄町50純米大吟醸原酒生酒無濾過
総乃寒菊 チェックイン 1総乃寒菊 チェックイン 2
外飲み部
50
um
アルコール分:15% 雄町 精米歩合:50% 職場の先輩からいただいた。 香りはフルーティーな吟醸香が目立つ。 無濾過生原酒なだけあってフルーツの濃い味わいと後味にガス感があり、とても美味しい。 これは乾き物と一緒にチビチビ飲んでいたがとても相性が良かった。
加茂錦荷札酒 亀の尾純米大吟醸原酒
加茂錦 チェックイン 1加茂錦 チェックイン 2
外飲み部
47
um
アルコール分:15% 亀の尾80%、原料米不明20% 精米歩合:50% 職場の先輩からいただいた。 香りは梨のような印象。 味わいは甘酸っぱさと少しのガス感が目立ち、奥の方からミネラル由来の苦味も少し感じる。 後味はスッキリしていることから、荷札酒の中でも食中酒に向いているかも。
水芭蕉逆さ月 番外品純米吟醸純米吟醸
水芭蕉 チェックイン 1水芭蕉 チェックイン 2
外飲み部
46
um
アルコール分:15% 原料米:非公開 精米歩合:60% 神奈川県川崎のお店にて。 この店舗限定酒とのこと。 ラベルには「異なる味わいの純米吟醸酒をブレンドした限定酒」との記載があった。 2つの日本酒を混ぜたということ?という感じだが、総じてアルコールの角もなく、甘さがスッキリと切れる食中酒という感じ。 意外と美味しく飲めたが良い意味で特徴がない。 他のお酒とつまみと一緒に、手頃な日本酒が飲みたい時に向いてると思う。
ヒメノイSoa 一回火入純米
ヒメノイ チェックイン 1
ヒメノイ チェックイン 2ヒメノイ チェックイン 3
外飲み部
54
um
アルコール分:15.5% 原料米:非公開 精米歩合:65% 初めて飲む銘柄。 ラベルでも酸味の記載が多いだけに、たしかに酸味が強い。 白麹を使っているのでクエン酸由来の酸味がジュースのように感じる。白ワイン的なニュアンスが近いかも。 牡蠣など、魚介類との相性が良さそう。
酔鯨特別純米酒特別純米
酔鯨 チェックイン 1
外飲み部
52
um
アルコール分:15% 原料米:非公開 精米歩合:55% 食中酒として料理と一緒に楽しむをコンセプトにしたお酒とのこと。 香りは控えめ。あまり感じない。 味わいは酔鯨特有の酸味が目立つ。米の旨みを十分感じられ、後味はキレがあるスッキリとしたもの。 やはり酔鯨は美味しい。夏に特に飲みたい。
獺祭純米大吟醸45純米大吟醸
獺祭 チェックイン 1獺祭 チェックイン 2
外飲み部
42
um
アルコール分:15% 山田錦 精米歩合:45% 久し振りに飲んだ獺祭。 香りはりんごのような吟醸香。 相変わらず美味しい。アルコール感も無くて飲みやすく、山田錦の精米歩合45%にしては価格もお手頃だと思う。 普段飲みにも、日本酒に挑戦してみたいと考えている人にも勧められるお酒。
出羽桜純米吟醸酒 和し純米吟醸
出羽桜 チェックイン 1出羽桜 チェックイン 2
外飲み部
41
um
アルコール分:14% 出羽燦々 精米歩合:50% 和しは「なごし」とのこと。 比較的低アルコールなのだが味わいは弱くなく、しっかり旨みや甘み、酸味をバランス良く感じられた。 後味はスッキリしており、優等生なお酒。
天上夢幻特別純米 生詰特別純米生詰酒
天上夢幻 チェックイン 1天上夢幻 チェックイン 2
外飲み部
37
um
アルコール分:15% 原料米:非公開 精米歩合:60% 天上夢幻のHPにも載っていなかった。 お祭りの縁日のようなラベルデザインが可愛い。 味わいはスッキリ辛口。宮城のお酒によくある、ザ・辛口酒。 滑らかな飲み口であり、飲みやすい食中酒。
碧龍純米吟醸造り純米吟醸
碧龍 チェックイン 1碧龍 チェックイン 2
外飲み部
38
um
アルコール分:15% 原料米:非公開 精米歩合:60% 特約店限定流通品とのこと。 ラベルのデザインが黒龍っぽかったので、最初見た時は黒龍の新しいシリーズかと思った。 色はやや黄色みがかっている。 香りは控えめであまり感じない。 味わいは旨みと後味に苦味が優勢でスッキリしている。 甘さはあまり無く、酸味も少し感じる程度。 総じてドライな食中酒という感じだった。
千代むすび特別頒布会2024 山田錦純米大吟醸原酒生酒無濾過
千代むすび チェックイン 1
千代むすび チェックイン 2千代むすび チェックイン 3
外飲み部
45
um
アルコール分:16% 山田錦 精米歩合:50% 2024年の特別頒布会限定酒。 酒米を分けて5種のお酒が作られており、他には五百万石、五百万星、星空舞、強力のお酒があるとのこと。 これは山田錦で醸された。 香りは蜜のたっぷりな芳醇なりんごのイメージ。 無濾過原酒なので濃い味わい、旨み、甘さを感じられ、とても美味しかった。 料理とではなく、これだけで飲むのがオススメ。
鯨波純米 岐阜九蔵純米
鯨波 チェックイン 1鯨波 チェックイン 2
外飲み部
35
um
アルコール分:15% ひだほまれ 精米歩合:60% 他の八蔵との味わい比較表が裏についている、親切なラベル。 香りはたしかに穏やか。あまり感じない。 味わいは米の旨みを感じる辛口酒、食中酒という感じ。 なめろうと相性が良かった。
鶴齢YEARS BOTTLE 2023 純米大吟醸純米大吟醸
鶴齢 チェックイン 1鶴齢 チェックイン 2
外飲み部
21
um
アルコール分:17% 雄町 精米歩合:40% 鶴齢 Years Bottleは漫画家やアーティストに商品ラベルを描いてもらい、年に1回限定販売される日本酒。 第4弾の2023年は鉛筆画家である寺崎百合子氏の代表作「Wells Cathedral Library」をラベルにしたものとのこと。 雪室にて貯蔵管理を行い仕上げており、香りは吟醸香かつ古酒っぽい、穀物のような感じ。 飲むと少しトロみを感じつつ奥深い旨味と心地よい酸味、後味のキレもしっかりある、とても良いお酒。 レアすぎて今後巡り会えそうにないが、美味しかった。
1