さけのわ

飲んだ日本酒を記録して好みの日本酒を見つける

七本鎗しちほんやり

フレーバーチャート

コメントをプログラムが解析して風味の特徴を分析しています。

華やか芳醇重厚穏やかドライ軽快

フレーバータグ

コメントを解析してお酒の特徴を表す単語を抽出しています。銘柄全体での扱いにつき全体の特徴を表現するものとしてご参考ください。

紹介文

創業470年を数える冨田酒造。
200年以上続く企業を世界中で調べると、
50%以上が日本の企業というデータを読んだことがありますが、冨田酒造はその一つ。
それにしても長い歴史を持ちます。
500年超企業は国内でたったの30社ほどらしいので、
将来的には是非とも仲間入りを果たして欲しいものです。

蔵元のある滋賀県木之本は風情を感じる町で、
蔵の面する北國街道沿いにも醤油蔵が2軒も未だに営業しているそうでして、
古いモノづくりが生きている町なのでしょう。
冨田酒造は江戸期に建てられた蔵を今でも酒造りに使っていますが、
狭い入り口から奥へ進むと建物が継ぎ接ぎされている部分を見ることができます。
長い歴史の内には増築や建て替えもあったことでしょう。
冨田酒造はその建物だけで大いなる歴史を感じさせてくれる蔵元です。

現在はモノづくり助成金が出ていまして、
その恩恵もあって優秀な蔵元が設備投資をしていますが、
10年後・20年後を見据えた設備投資には、
それぞれの蔵元の方向性が色濃く出るものです。
大型冷蔵庫、お酒を搾る大型機械、麹室、瓶詰機械、などなど、
酒造りは専用機械が多く汎用性を得られないためか、一つ一つの設備が見た目よりずっと高額です。
いま何が不足していて、何を補充すると酒がどのように変わるか。
造り手は機械メーカーの協力を仰ぎながら、設備投資の順序を決めます。
誤解を恐れずに言えば、現代的な透明感のある酒質はある程度は設備が作ると言っても良いと思います。
酒を造ってくれる特定の微生物だけを健全に生かし、余計な雑菌は極力排除する。
そのためには職人技術や職人の勘だけでは片手落ちで、
温度と水分を自動管理してくれる機械が大切な役割を担っているのが現代醸造です。


冨田酒造では2016年に大幅な改造が行われました。
蔵の深部の建屋を取り壊し、近代的な酒造施設へと作り替える大きな工事でした。
設備投資どころではない、蔵の根幹に関わる大工事。
進捗を聞いていた私にも蔵元の興奮が伝わってきたものです。
冨田酒造15代目蔵元・冨田泰伸さんが作り上げた新蔵は、
私の予想をはるかに超えた圧倒的な美しさを誇る蔵でした。
そこにいるだけで感動を呼び起こしてくれるほど。
それは木がふんだんに使われた伝統美を感じさせる新蔵でした。


いま多くの造り手が透明感のある綺麗な酒質をガムシャラに目指しています。
そのために蔵は徹底的な清潔さが求められ、伝統的な木の道具が少なくなり、
代わってステンレス製の道具が増えています。
合理性を重視すれば間違いのない選択なのでしょう。
清潔さを極めれば、もはや米に直接手で触らない造り手が誕生しているレベルなのです。
蔵の心臓部である麹室ですら、総ステンレス製の最新設備が用意できるほど。
そんな背景がある中での、木を使った新蔵。冨田さんの強い意志を読み取ることができます。


「自分の代で蔵を作るのは間違いなく一回限り。それはもう熟考しました。」
「ステンレス製にすることもできた。ここ20年の酒質だけを考えたらその方が良いのかも。」
10年以上の付き合いのある冨田さんの葛藤を、私もずっと見てきました。
実は、4年前にステンレス製に代表される最新鋭の新蔵を図面まで引いていたそうで、
消費税が8%に上がる前に着工できた可能性もあったとか。
(例えば1億円かかるとして、消費税が3%上がるだけで単純計算で300万円ですもんね!)
しかしそれを白紙に戻した。
なぜなら、「日本酒の蔵元ということを考えたんです。
幸いにして今や海外にまで七本鎗ファンがいる。そのファンが蔵を見に来てくれた時に何を感じ取ってくれるか。
日本を、滋賀という土地を、直感的に感じ取れる蔵にしたかったんです。」



言うなれば、蔵元100年ビジョン。
酒質向上のみを追求することすら目先の感覚で、
100年後に訪れるファンからも佇まいを絶賛されるための新蔵建設。
さすがは創業470年企業の後継者。
私はそのセンスに、冨田さんの蔵元としての力量をまざまざと感じ取って感動していたのです。

とは言うものの、木を使った蔵といえどももちろん酒質も追求しています。
タンクは温度管理が制御できる最新鋭のものです。
それが木の空間に絶妙に配置されています。
伝統美とモダンをバランス良くミックスさせ、動線を考え尽くした美しい機能美の蔵。
そこで生まれる七本鎗の味わいは明らかに鮮やかになりました。


by朧酒店店主 大熊


朧酒店HP 七本鎗 https://www.oborosaketen.com/theme1225.html
さんによる紹介

100年後まで見据える悠久のビジョン

創業470年を数える冨田酒造。
200年以上続く企業を世界中で調べると、
50%以上が日本の企業というデータを読んだことがありますが、冨田酒造はその一つ。
それにしても長い歴史を持ちます。
500年超企業は国内でたったの30社ほどらしいので、
将来的には是非とも仲間入りを果たして欲しいものです。

蔵元のある滋賀県木之本は風情を感じる町で、
蔵の面する北國街道沿いにも醤油蔵が2軒も未だに営業しているそうでして、
古いモノづくりが生きている町なのでしょう。
冨田酒造は江戸期に建てられた蔵を今でも酒造りに使っていますが、
狭い入り口から奥へ進むと建物が継ぎ接ぎされている部分を見ることができます。
長い歴史の内には増築や建て替えもあったことでしょう。
冨田酒造はその建物だけで大いなる歴史を感じさせてくれる蔵元です。

現在はモノづくり助成金が出ていまして、
その恩恵もあって優秀な蔵元が設備投資をしていますが、
10年後・20年後を見据えた設備投資には、
それぞれの蔵元の方向性が色濃く出るものです。
大型冷蔵庫、お酒を搾る大型機械、麹室、瓶詰機械、などなど、
酒造りは専用機械が多く汎用性を得られないためか、一つ一つの設備が見た目よりずっと高額です。
いま何が不足していて、何を補充すると酒がどのように変わるか。
造り手は機械メーカーの協力を仰ぎながら、設備投資の順序を決めます。
誤解を恐れずに言えば、現代的な透明感のある酒質はある程度は設備が作ると言っても良いと思います。
酒を造ってくれる特定の微生物だけを健全に生かし、余計な雑菌は極力排除する。
そのためには職人技術や職人の勘だけでは片手落ちで、
温度と水分を自動管理してくれる機械が大切な役割を担っているのが現代醸造です。


冨田酒造では2016年に大幅な改造が行われました。
蔵の深部の建屋を取り壊し、近代的な酒造施設へと作り替える大きな工事でした。
設備投資どころではない、蔵の根幹に関わる大工事。
進捗を聞いていた私にも蔵元の興奮が伝わってきたものです。
冨田酒造15代目蔵元・冨田泰伸さんが作り上げた新蔵は、
私の予想をはるかに超えた圧倒的な美しさを誇る蔵でした。
そこにいるだけで感動を呼び起こしてくれるほど。
それは木がふんだんに使われた伝統美を感じさせる新蔵でした。


いま多くの造り手が透明感のある綺麗な酒質をガムシャラに目指しています。
そのために蔵は徹底的な清潔さが求められ、伝統的な木の道具が少なくなり、
代わってステンレス製の道具が増えています。
合理性を重視すれば間違いのない選択なのでしょう。
清潔さを極めれば、もはや米に直接手で触らない造り手が誕生しているレベルなのです。
蔵の心臓部である麹室ですら、総ステンレス製の最新設備が用意できるほど。
そんな背景がある中での、木を使った新蔵。冨田さんの強い意志を読み取ることができます。


「自分の代で蔵を作るのは間違いなく一回限り。それはもう熟考しました。」
「ステンレス製にすることもできた。ここ20年の酒質だけを考えたらその方が良いのかも。」
10年以上の付き合いのある冨田さんの葛藤を、私もずっと見てきました。
実は、4年前にステンレス製に代表される最新鋭の新蔵を図面まで引いていたそうで、
消費税が8%に上がる前に着工できた可能性もあったとか。
(例えば1億円かかるとして、消費税が3%上がるだけで単純計算で300万円ですもんね!)
しかしそれを白紙に戻した。
なぜなら、「日本酒の蔵元ということを考えたんです。
幸いにして今や海外にまで七本鎗ファンがいる。そのファンが蔵を見に来てくれた時に何を感じ取ってくれるか。
日本を、滋賀という土地を、直感的に感じ取れる蔵にしたかったんです。」



言うなれば、蔵元100年ビジョン。
酒質向上のみを追求することすら目先の感覚で、
100年後に訪れるファンからも佇まいを絶賛されるための新蔵建設。
さすがは創業470年企業の後継者。
私はそのセンスに、冨田さんの蔵元としての力量をまざまざと感じ取って感動していたのです。

とは言うものの、木を使った蔵といえどももちろん酒質も追求しています。
タンクは温度管理が制御できる最新鋭のものです。
それが木の空間に絶妙に配置されています。
伝統美とモダンをバランス良くミックスさせ、動線を考え尽くした美しい機能美の蔵。
そこで生まれる七本鎗の味わいは明らかに鮮やかになりました。


by朧酒店店主 大熊


朧酒店HP 七本鎗 https://www.oborosaketen.com/theme1225.html

最終更新

おすすめ銘柄

みなさまのコメントを解析しておすすめの銘柄を選んでいます。

    いづみ橋
    おすすめする理由:
    苦味旨味フレッシュ辛口スッキリ
    秋鹿
    おすすめする理由:
    酸味辛口旨味苦味スッキリ
    王祿
    おすすめする理由:
    苦味酸味旨味ガス綺麗
    まんさくの花
    おすすめする理由:
    旨味甘味酸味バランスガス
    遊穂
    おすすめする理由:
    酸味旨味甘味濃厚どっしり

関連情報

チェックイン

七本鎗
  • 七本鎗
  • 七本鎗
  • 七本鎗
  • 七本鎗
6 days ago
70
  • 眠たい治療家滋賀県。長浜市。冨田酒造有限会社。 「七本槍 純米大吟醸 玉栄」 店のおカミさんがそっと裏から取ってきてくれた七本槍。少量生産の限定品ならば、買わん訳にはいかんでしょう😅 ■原材料名:米(国産)、米麹(国産米) ■滋賀県産玉栄100%使用 ■精米歩合: 45% ■アルコール分:16度 冷酒にて頂く。 色はクリアながら意外と黄色み帯びている。 冷蔵庫出しすぐは、上立香は落ち着いて少しアルコール香するも強い臭気でなく、奥の方で穀物系の香り。 含み香も穏やかでシンプルで、若干の熟成っぽい味わいがあるも、スルっとノドに通ってくる。 冷蔵庫出し直後よりも、温度少し上がってくると、気品ありながらも芯はしっかり持った米の旨味とじんわり甘さが出てくる。 そして最後はスッとキレる後口。 最後に少し酸味とコクもあり、やっぱりなんか熟成っぽい味わいやなーと思って調べたら、火入れ後に1年熟成させてから出荷するみたい。 それだけ手間がかかった旨い酒と言う事か。 色が少し黄色っぽいのも熟成か? 45%磨きでも華やか過ぎず、雑味は抑えられて、食中酒として最適。 涼冷えくらいが好みだったな。
七本鎗
6 days ago
10
  • ジャネイロ山廃と純米の飲み比べです? 山廃のが酸があって好みかしゃん。
七本鎗
  • 七本鎗
  • 七本鎗
9 days ago
32
  • Brubeck近江は北国街道の宿場町、木之本のお酒を賞味。 「賤ヶ岳の七本槍」にちなんだ雄々しい銘柄名に相応しく、なかなかにキリリと重厚な味わいの美味しいお酒でした。