さけのわ

飲んだ日本酒を記録して好みの日本酒を見つける

春霞はるがすみ

フレーバーチャート

コメントをプログラムが解析して風味の特徴を分析しています。

華やか芳醇重厚穏やかドライ軽快

フレーバータグ

コメントを解析してお酒の特徴を表す単語を抽出しています。銘柄全体での扱いにつき全体の特徴を表現するものとしてご参考ください。

紹介文

秋田美酒の快進撃が続いています。

とりわけ「NEXT5」を名乗る5蔵元、

「ゆきの美人」「一白水成」「山本」「春霞」「新政」は

現代日本酒の最前線を牽引する目覚ましい活躍をしています。

製品・取り組み・発信、いずれも大変魅力的で、

5蔵元共同開発酒を手掛けて

それを都内の超高級レストラン5店で

同時多発的に発表するなど、

日本酒のトレンドの最良の部分を担っているのが

秋田の銘柄なのです。



その中で「NEXT5の良心」と呼ばれる蔵元が

春霞の栗林直章さんです。

穏やかな人柄で、春霞についてお話する時にも

非常に控えめな言葉を選ばれますが、その実力は正しく全国区。

特にしっとりとした味わいを目標とする造り手からは

その技術力に常に注目が集まっていて、

春霞の正統的な香味は全国の醸造家の

基準となっているとも聞きます。



セミモダンの味わい。

例えば一白水成や新政のような

スーパーモダンの煌めくような味わいよりも、

一歩だけクラシック寄り。

日本酒特有の深いコクがあり、

僅かな渋みや苦味も内包する春霞は、

いわゆる五味を満遍なく発揮する万能型の日本酒なのです。

日本酒歴うん十年のファンにも強く支持される味わい。



一見ではやや地味にも感じられる味わいですが、

常にバランスが取れているので

過不足のない程よい美味しさがあります。

美味しい料理を目の前にしたら、

実はこういうお酒こそが最も魅力を開花させる瞬間。

春霞は食べてこそ美味しい日本酒だと思います。



実は密かに

春霞の井戸水が日本一美味しいのではないかと思っています。

清らかで滑らか。

春霞の酒質そのものですが、

水だけ飲んでも本当に美味しい仕込み水なんです。

実際、秋田に出張した夜に、

春霞から少し離れた都市で過ごしていた時にも、

あの地域の水は秋田でも特に美味しいんですよ、

と教えてもらった事があるくらいです。

そういう水源を持つ水と米が豊かな土地に、

やはり素晴らしい蔵元が存在するのです。

日本の風土の原点はやはり質の高い湧き水ではないでしょうか。


by朧酒店店主 大熊


朧酒店 【春霞
さんによる紹介

食と共に魅力が開花するお酒

秋田美酒の快進撃が続いています。

とりわけ「NEXT5」を名乗る5蔵元、

「ゆきの美人」「一白水成」「山本」「春霞」「新政」は

現代日本酒の最前線を牽引する目覚ましい活躍をしています。

製品・取り組み・発信、いずれも大変魅力的で、

5蔵元共同開発酒を手掛けて

それを都内の超高級レストラン5店で

同時多発的に発表するなど、

日本酒のトレンドの最良の部分を担っているのが

秋田の銘柄なのです。



その中で「NEXT5の良心」と呼ばれる蔵元が

春霞の栗林直章さんです。

穏やかな人柄で、春霞についてお話する時にも

非常に控えめな言葉を選ばれますが、その実力は正しく全国区。

特にしっとりとした味わいを目標とする造り手からは

その技術力に常に注目が集まっていて、

春霞の正統的な香味は全国の醸造家の

基準となっているとも聞きます。



セミモダンの味わい。

例えば一白水成や新政のような

スーパーモダンの煌めくような味わいよりも、

一歩だけクラシック寄り。

日本酒特有の深いコクがあり、

僅かな渋みや苦味も内包する春霞は、

いわゆる五味を満遍なく発揮する万能型の日本酒なのです。

日本酒歴うん十年のファンにも強く支持される味わい。



一見ではやや地味にも感じられる味わいですが、

常にバランスが取れているので

過不足のない程よい美味しさがあります。

美味しい料理を目の前にしたら、

実はこういうお酒こそが最も魅力を開花させる瞬間。

春霞は食べてこそ美味しい日本酒だと思います。



実は密かに

春霞の井戸水が日本一美味しいのではないかと思っています。

清らかで滑らか。

春霞の酒質そのものですが、

水だけ飲んでも本当に美味しい仕込み水なんです。

実際、秋田に出張した夜に、

春霞から少し離れた都市で過ごしていた時にも、

あの地域の水は秋田でも特に美味しいんですよ、

と教えてもらった事があるくらいです。

そういう水源を持つ水と米が豊かな土地に、

やはり素晴らしい蔵元が存在するのです。

日本の風土の原点はやはり質の高い湧き水ではないでしょうか。


by朧酒店店主 大熊


朧酒店 【春霞

最終更新

おすすめ銘柄

みなさまのコメントを解析しておすすめの銘柄を選んでいます。

    恵那山
    おすすめする理由:
    苦味フルーティ甘味フレッシュしっかり
    庭のうぐいす
    おすすめする理由:
    酸味甘味さわやかフルーティ苦味
    まんさくの花
    おすすめする理由:
    旨味酸味甘味ガスバランス
    手取川
    おすすめする理由:
    ガス甘味辛口さわやかスッキリ
    澤の花
    おすすめする理由:
    酸味辛口ガス甘味

チェックイン

春霞
  • 春霞
  • 春霞
  • 春霞
16 hours ago
32
  • ちょろき 秋田旬吟醸2021の2本目。 16度を感じさせない軽やかさ。 ツンっと鼻を抜ける吟醸香。 バランスよい旨味&酸味◎
春霞
  • 春霞
  • 春霞
  • 春霞
  • 春霞
2 days ago
44
  • susan先ずは冷酒 霜の降りた蒸し藁。冷たい 飲む。水、砂糖控えめレモンスカッシュ。微かな苦味がスタートから次第に強まっていく。飲み込むと、圧倒的コク。初めて感じるニュアンス。大はしゃぎではなく、静かに込み上げる嬉しさ。いい酒! 次は35℃ 米そのもの。米俵に入った米 飲む。ピリリ酸味からスタート。次第に甘く、苦味も強まる。夏の終わりの寂しさ。あれほとしんどそうな顔をして汗をかいていたのに、なぜ寂しい?飲み込むと、辛口と旨口が共存している 次に45℃ 焦した綿飴の香り。ややミルキー 飲む。米、焼き藁。とろみがついてきた。鼻腔に抜ける旨味と苦味の素晴らしいこと!眉毛がハの字だ。飲み込むと、米の旨味とコクで扁桃腺が腫れそうになる! 最後に55℃ ホットミルクの膜の香り 飲む。これはホットミルクだ。大人のホット酒ミルク。不思議と嫌な感じはしない。飲み込むと、静かな辛口。早朝、山に登り見る朝焼けを連想した 贅沢なことを言っているのは理解しているが、虜になるには何かが足りない気がする いい酒であることは間違いないのだが、リピートはしないだろう
春霞
  • 春霞
  • 春霞
  • 春霞
3 days ago
36
  • susan先ずは冷酒 ブランド名とおり澄んだ泉。淡いパインシロップに、若いパイン果汁数滴 飲む。スカッシュ系の酸味パイン。炭酸の苦味。転がすほどに煮詰まり、まとまる。飲み込むと、どっしり爽やか、やや青いパイン 次は35℃ 香りに変化なし。やや柔らかくなったくらいか 飲む。味も殆ど変化なし。しかし砂糖なしの上質な葛湯のようなニュアンスを感じる。飲み込むと金属系の苦味。メタリック 次に45℃ 香りがほぼ消えた。微かな米 飲む。ゆるい淡い米。柔らかい。こんなに儚い米を感じたことはない。ふわふわのハンペンのよう。飲み込むと、これはぬるま湯だ!旨い 最後に55℃ 研ぎ澄まされたように澄む。やや金属系の酸 飲む。ゆるい!ゆるい!!ゆるい!!!そして淡い!この達観したような風味は日本酒の一つの完成系だと思う。次第に香ばしさが増し、飲み込んだ後のこの余韻よ!良し! 45℃から真価を発揮する酒。間違ってもタレ焼肉や明太マヨポテト等は合わせないで欲しい。飲む割烹料理 春霞は初めてだったが、あと1本純米吟醸を買ってある。さあ、どうでるか!?今から楽しみでならない!!!