Logo
さけのわ飲んだ日本酒を記録して好みの日本酒を見つける
KabKab
純米吟醸
純 チェックイン 1
38
Kab
地酒界の大御所、〆張鶴の代表銘柄。 まず常温と冷酒の中間あたりから。 香りはほとんどしません(米スムージーっぽい香りがほんのわずかに)。 含むとアルコールの辛さが先にきて、遅れてわずかに米の旨味があり、そのままじんわりと引き上げます。常温に近いほど、また食中だとなお旨味を感じ、キレもあります。冷やしすぎNG。 酸味や苦味はほとんどありません。 燗。アルコールの香りが立ちます。40℃は常温よりぼやけますが、45℃にするとキレが良くなります。 常温か45℃かですが、個人的な好みでは45℃か。 語彙が乏しいですがいかにも典型的な日本酒、というところです。雑味が少なく洗練されてもいるので古さは感じません。常温または中温度の燗・常備酒向きです。 良い日本酒が溢れかえっている昨今、これをあえて選ぶかというのもありますが、旨味もキレもあり、完成度はやはり高いと思います。
ポンちゃん
Kabさん、おはようございます☀ このお酒、日常の食中酒にいいなぁと先日試飲会で味わいました😊もっと飲みにくいと思ってたら、スッキリ飲みやすくて美味しいですね!レビュー拝見して再確認出来ました🙏
Kab
ポンちゃん、こんにちは☀️ コメントありがとうございます。 やはり新潟の酒の技術はさすがですね。スタンダードに戻りたい時が時々あります😆特に魚や野菜との相性が最高🐟🍅😄